1. Home>
  2. ISOへの取り組み

ISOへの取り組み

環境方針


基本理念

久松商事株式会社は、「地球と約束、リサイクルに取り組む久松商事」をスローガンに掲げ、金属類及び家電製品のリサイクル業、産業廃棄物処理事業を通して、資源の有効活用の促進、汚染の予防、環境負荷の改善と軽減、地球環境の保全に努めていきます。


基本方針

1. 当社の事業活動にかかわる環境に関する法規、 条例、協定及び当社が同意するその他の要求事項を遵守します。


2. 当社は、以下に掲げる項目に環境目的・目標を設定し、実施するとともに、定期的な見直しを行い、環境マネジメントシステムの継続的な改善に努めます。
(1)資源の有効活用の促進
(2)事故・災害等の防止による環境保全
(3)省資源、省エネルギーの推進
(4)大気汚染、水質汚濁等の環境汚染防止
(5)経済的・技術的可能な限りリサイクル分野拡大推進

3. 本方針は全従業員に周知し、環境意識の向上を図るとともに一般に広く公開します。


2003年12月10日制定
2013年6月1日改定

久松商事株式会社
代表取締役社長 久松一夫


ISO
環境方針


地球環境の保全のために

当社は地球環境の保全のために、環境方針に掲げた項目に目標数値を決め、社員一丸となって取り組んでいます。


(1)資源の有効活用の促進

限りある金属資源を有効にリサイクルするために、取り扱い入荷量に目標数値を設け、入荷した金属類、家電リサイクル品、廃棄物などを適正にリサイクルしています。


(2)事故・災害等の防止による環境保全

車両や機械等の事故は環境への悪影響が懸念されます。そのような事故を未然に防ぐために、年間事故件数0件を目指し、事故防止に取り組んでいます。


(3)省資源、省エネルギーの推進

社内各部署で電気使用量の年間目標を設定し、省資源、省エネルギーの推進に取り組んでいます。


(4)大気汚染、水質汚濁等の環境汚染防止

車両、重機からの排気ガスを少しでも減らすために、車両、重機の整備を定期的に行っています。また、工場からの油の流出を未然に防ぐことで水質汚濁の防止に努めています。


(5)経済的・技術的可能な限りリサイクル分野拡大推進

リサイクルできる品目を増やすことでリサイクル率の向上に努めています。


地球環境保全のために


環境目標達成のために

当社では環境目標達成のために、起こりうる事故、緊急事態への対応手順書を作成し、社員への教育、訓練を定期的に行い、汚染の予防、環境負荷の軽減に取り組んでいます。
万が一火災の発生や油がこぼれてしまった場合を想定して、最小限の被害で抑えられるよう、全社員が手順書の講習、訓練を受けています。

訓練